UNORTHODOX WORKBOOK

BLOG TOPWeb Design【CSS】animationプロパティを使ったマウスホバーエフェクトの巻き戻し

【CSS】animationプロパティを使ったマウスホバーエフェクトの巻き戻し

css-animation-property-hover-effects-replay

CSSでマウスホバーエフェクトといえばtransitionプロパティを使ってアニメーションさせることが多いと思いますが、少し複雑なアニメーションをさせたい時はtransitionでは難しいことがあると思います。

そんな時は、hover疑似クラスと合わせてanimationプロパティを使い、@keyframesでうまいことやるといい感じにすることができるので、個人的にはよく使っているのですが、animationプロパティでは、マウスアウト時にアニメーションが行われず瞬時に元の位置へ戻ってしまい、少し不格好になってしまうのが悩みの種でした。

これを何とかしたくて色々やってみた結果、すごくシンプルな方法ですが、animationプロパティでもマウスアウト時にアニメーションさせることができたので、簡単にご紹介します。

マウスアウト時の挙動

とりあえず、それぞれのマウスアウト時の挙動を確認します。

transitionプロパティの場合

transitionプロパティでホバーアニメーションをさせた場合、対象の要素からマウスアウトすると、アニメーションしながら元の位置へ戻ります。

マウスホバー、マウスアウト両方でアニメーションする

CSSは以下の通り(抜粋です)。

.hover-transition {
  position: relative;
}
.hover-transition::before {
  content: "hover →";
  position: absolute;
  transition: all .5s ease-out;
}
.hover-transition:hover::before {
  content: "← mouse out";
  transform: translateX(200px);
}

animationプロパティの場合

animationプロパティを使用した場合は、対象の要素からマウスアウトした後はアニメーションは行われず、瞬時に元の位置へ戻ってしまいます。なお、animationでのホバーエフェクトは、hover擬似クラスにanimationプロパティを指定します。

マウスアウト時にはアニメーションしない

CSSは以下の通り(抜粋です)。

.hover-animation {
  position: relative;
}
.hover-animation::before {
  content: "hover →";
  position: absolute;
}
.hover-animation:hover::before {
  content: "no animation";
  animation: anim .5s ease-out forwards;
}
@keyframes anim {
  0% {transform: translateX(0);}
  100% {transform: translateX(200px);}
}

animationプロパティの場合、animation-fill-modeでアニメーション実行後のスタイルを指定することができますが、これはあくまでもアニメーションが終了した直後のスタイルを指示するだけで、マウスアウト時のスタイルを指定することはできません。
上記では、forwardsを指定し、最後に適用したキーフレームの値を維持させるようにしています。

上記のような簡単なマウスホバーエフェクトであれば、transitionでも十分ですが、複雑なアニメーションをさせるような場合には、やはりanimationプロパティが必要で、その場合、マウスアウト時のアニメーションは諦めるしかありませんでした。

animationプロパティでもマウスアウト時にアニメーションさせる

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

animationプロパティでマウスアウト時にアニメーションさせるには、逆再生(巻き戻し)用のkeyframesを別で用意して、元の要素にもanimationプロパティを指定することで実現できます。

両方でanimationプロパティを指定した場合

実際にanimationプロパティを使って、マウスアウト時にもアニメーションを付与させたものが以下です。

マウスホバー、マウスアウト両方でアニメーションする

CSSは以下のような感じになります(抜粋です)。

.hover-animation2 {
  position: relative;
}
.hover-animation2::before {
  content: "hover →";
  position: absolute;
  animation: anim-out .5s ease-out forwards;
}
.hover-animation2:hover::before {
  content: "← mouse out";
  animation: anim .5s ease-out forwards;
}
@keyframes anim {
  0% {transform: translateX(0);}
  100% {transform: translateX(200px);}
}
@keyframes anim-out {
  0% {transform: translateX(200px);}
  100% {transform: translateX(0);}
}

hover-animation2 というクラスの通常時とホバー時に、それぞれ別々のkeyframesを指定しています。

応用

上記の方法を使うと、以下のようなtransitionではできない、少し複雑なホバーエフェクトができるようになります。

こんなのとかも。

気になる点

上記の方法で、一応は解決はしたんですが、これを使った場合に2点ほど気になる点が出てきました。

1つは、通常時の要素にanimationプロパティを指定しているため、ページロード時に必ず一度だけそのアニメーションが実行されてしまうという点と、もう一つはアニメーションの途中でマウスアウトすると挙動がおかしくなるという2点です。

前者は、対象の要素が見える位置でリロードしてみるとよく分かるんですが、ページが表示されるタイミングで、巻き戻し用のアニメーションが実行されてしまいます。これを防ぐことは(多分)できないんですが、durationの長さに合わせて、ページロードから2秒間だけとかローディング画像的なものを表示させるようにすれば、不自然には見えないんじゃないかなと思っています。

ただ、前者の場合は、アバブ・ザ・フォールドに対象の要素がなければ、見えないところで勝手にアニメーションが実行されるだけなので、そこまで気にならないかもしれません。移動系のアニメーションの時は注意する必要があるかもしれませんが(ネタバレ注意的な意味で)。

後者についてはもうどうしようもできないので、せめて途中でマウスアウトされないように、印象的かつ効果的なアニメーションの作成を心がけるしかないかなと思います。。

おわり

気になる点については、JavaScriptを使えば何とかなるかもしれませんし、そもそもアニメーションはJSでやればいいと言われればそれまでなんですけど、個人的に、マウスのホバーエフェクトでJSは使いたくない派なので、この方法は結構気に入っています。

CodePenに上記全てのDEMOを掲載していますので、コードについての詳細はそちらをご覧ください。

ABOUT

it's me

長野県北部を拠点にフリーランスとして活動しています。
Webサイトの制作をメインに、グラフィックデザインなどの制作を承っています。Twittermore

PAGE TOP