UNORTHODOX WORKBOOK

BLOG TOPStudy[jQuery]スクロール量に応じて(連動して)、アニメーションさせる方法

[jQuery]スクロール量に応じて(連動して)、アニメーションさせる方法

study

アニメーションというか、jQueryでスクロールを監視して数値化し、それをリアルタイムに反映させることで滑らかに動かす方法。スクロール量に連動させているので、スクロールするたびにアニメーションのような滑らかな動きをします。

色々な使い方があると思うけど、ここではwidthの値をリアルタイムに更新し、スクロール量に応じて幅を広げたり狭めたりする方法をのせています。

デモとHTMLとCSS

言葉だけだと説明が難しいので、デモを見てもらうと何をやりたいのか分かるかと思います。とてもシンプルです。※古いIEでは見れません。

DEMO

デモでは5種類ありますが、基本的にはスタート位置(CSS)が違うだけで、内容はほとんど同じ。

HTML

HTMLは何でも良くて、便宜上、空divの要素を更新するような形にしています。

<div class="contents">
  <div class="line"></div>
</div>

子要素の div.linewidth の値をリアルタイムに更新します。

CSS

CSSも基本は何でも良くて、とりあえず位置を決めるためだけに指定しています。

.contents {
    position: relative;
    width: 100%;
    height: 100vh;
}

.line {
    position: absolute;
    top: 0;
    left: 0;
    bottom: 0;
    margin: auto;
    width: 0;
    height: 5px;
    background: #EC4E20;
}

位置は position で指定していますが、何でもいいはず。ここでは、左の真ん中からスタートするようになっています。
※上記のままだとスクロールしないので、bodyのheightを大きくとって.contentsにmargin-topを与えるなど、スクロールさせる環境を用意する必要があります。

jQuery

jQueryは、非常に単純なことしかやっていません。書いていないけど、jQueryなので当然jQueryの読み込みが別途必要。

$(function () {
  $('div.line').each(function () {
    var $win = $(window),
        $winH = $win.height(),
        $connect = $(this),
        position = $connect.offset().top,
        current = 0,
        scroll;
    $win.on('load scroll', function () {
      scroll = $win.scrollTop();
      current = (1 - (position - scroll) / $winH) * 2 * 100;
      if (current > 99.9) {
        current = 100;
      }
      if (scroll > position - $winH) {
        $connect.css({width: current + '%'});
      }
    });
  });
});

太(赤)字の部分が値を取得する計算式になっています。多分、他にもっとスマートな書き方があるんだろうけど、思いつかなかった。もっと良い方法があれば教えてください(小声)

対象の要素(div.line)が画面に現れた時0として、画面の半分までスクロールした時に、widthの値が100%になるようにしてあります。ゴールの位置を決めているのが太(赤)字部分の「2」な訳ですが、これを変更することで100%までの位置を変えることができます(数が小さいほど上へ)。

太(赤)字部分の「* 100」を外せば0から1の範囲で値が変わるようになるので、opacity やなんかに使えますね。スクロールに併せてフェードインさせることができるようになります。

小数点以下を切り下げたり切り上げたりしていないのは、その方が滑らかだからです。スクロールの処理も間引いたりしていません。その方が滑らかだからです。

スクロールとアニメーション

最近の凝ったWebサイトでは、スクロールとアニメーションを連動したテクニックを多く目にしますが、スクロールとの連動はパフォーマンスの低下に繋がり、ユーザーの体感速度を阻害する恐れがあります。

ただ流行っているからということでやたらに使うのではなく、要所要所での効果的な使い方を心がけたいものです(自分に言い聞かせている)。

まとめ

widthopacity だけじゃなく、数値を指定するタイプのCSSプロパティで幅広く使えるかと思います。SVGにもいいですね。

ABOUT

it's me

長野県北部を拠点にフリーランスとして活動しています。
Webサイトの制作をメインに、グラフィックデザインなどの制作を承っています。Twittermore

PAGE TOP